債務整理ブラックの借入

破産

自己破産・任意整理・特定調停の金融事故

サイトTOPに集結!審査の甘い柔軟業者
消費者金融一覧click
キャッシングブラックの匠│即日融資でお金を借りる

債務整理で借金を清算した過去がある場合。
申し込み履歴がある程度残っているのと同様に、自己破産なり特定調停なり任意整理なりで債務整理した旨も、個人信用情報機関に登録されたまま一定期間残ることになります。

債務整理の履歴が信用情報から見られる場合は、金融事故ありのブラック属性と見られることになります。
そのおかげでクレサラや金貸しには借金で過去にトラブルありと見られるわけですから、お金を借りる際に不都合も出てくるわけです。
貸したお金を回収できない相手、と見ることもあるわけですから。

審査から振込みまで簡易な流れでスピード融資提供する、なんてところから借りようとする場合には、特に債務整理した過去は影響しやすいと言えます。
機械的なスコアリング作業による簡易審査で済ませようとするでしょうから、自己破産や個人再生や特定調停などの債務整理のような金融事故履歴は、 すぐさまハネられることになります。
だから、申し込みしても振込まで漕ぎ着けず、なんてことは良くあるものです。
そのため、柔軟審査で融通の利く最後の砦となる中小消費者金融や町金に、といった具合に借入先が制限されてしまうことになるわけです。

さて、過去に過払い金請求をした場合。
やはり、消費者金融や信販会社、キャッシングやローンの利用に際して不都合が起きることになるのでしょうか。

これは場合によるといえます。
過払い金請求自体は、その履歴が個人信用情報機関に登録されることはありません。
なので既に完済した借金に対してならば、それによる影響はないです。
逆に、まだ返済が終わっていない借金に対してならば。
大抵の場合は、任意整理の際に過払い金請求で引き直した上で清算交渉する、といった具合でしょうから、過払い金請求ではなく任意整理した、ということでその履歴が登録されることになります。

▲ページトップに戻る